北区伝統工芸保存会公式ホームページ last update:2010/4/8
CONTENTS
 
Page Topへ>>>
 
 
 
   
 

【プロフィール】

昭和20年生まれ

43年 法政大学卒業 
ああああ在学中より彫金家 
ああああ桂盛行氏に師事
  
日本工芸会正会員
同金工部会評議員

浅井 盛征
 


 
 
 

【技とPR】

■主な技
・うちだし
・彫り
・象嵌

■作品が出来上るまで
ピッチボールと呼ばれる台の上に松やにが載せられている。
その松やにをバーナーで温め、柔らかくした状態で彫る金属の板を載せる。

彫りは、先の形が異なる鉄の棒と金づちを使って打ち出す。
彫り方には片切彫り・毛彫りなどの技法がある。

線象嵌は、彫ったその溝部分に、はがねを埋め込むこと。
なます、と言って、銀をバーナーで曲がるほど柔らかくして打ち込む。
また、象嵌では伝統的な色地金の赤銅(しゃくどう)や
四分一(しぶいち)などを組み合わせる。

平象嵌、線象嵌など日本の伝統的金工テクニックによって
様々な作品が出来上る。

 
  【略歴】
昭和20年生まれ
   43年 法政大学卒業 在学中より彫金家 桂盛行氏に師事
   45年 伝統工芸新作展入選以後出品
   46年 伝統工芸金工展入選以後出品
   53年 伝統工芸日本金工展受賞以後四回受賞
   60年 伝統工芸日本金工展鑑審査員以後歴任
   61年 伝統工芸新作展鑑審査員以後歴任
   63年 伝統工芸新作展受賞・日本伝統工芸展鑑査員
現在 日本工芸会正会員・同金工部会評議員
 
  [住所]東京都北区西ヶ原1-58-14
[電話]03-03-3917-2547
 
   
 
(C) All Rights Reserved,北区伝統工芸保存会
This webpage link free,please contact us.