北区伝統工芸保存会公式ホームページ last update:2010/4/8
CONTENTS
 
Page Topへ>>>
 
 
 
   

望月 一志

【プロフィール】
掛軸・額装・屏風 製作
古い掛軸の修復



 
涅槃図 掛け軸
 
  【技とPR】
仏教伝来と共に経典の表装技術として表具は伝わったと言われれています。
その後、床の間の発生や茶道により需要が増え、
江戸時代には上流社会の必需品となっていきました。
 その技術は、軸装を主とし、天井・壁・画帖・屏風・襖などの装丁や
修復など幅広い技能を要求されます。

 表具をする職人さんを表具師といいますが、経師とも
いわれる場合もあります。
現在では、表具師と経師は同じ意味をさしますが、
かっては別々の職業でした。経師というのは「三蔵の中の経蔵に通暁した人・経巻の書写を業とした人・経巻の表具をする人・書画の幅または屏風・襖などを表具する職人」という意味があり、仏教のお経を扱う人々の事をいっていました。
 
  [住所]東京都北区滝野川1-38-1
[電話]03-3915-2341
 
   
 
(C) All Rights Reserved,北区伝統工芸保存会
This webpage link free,please contact us.